このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

目の下のたるみ

目の下のたるみ、しわ、くぼみ、クマなどは、老けた印象や疲れた印象を与えがちで、年齢を重ねた方はもちろん、若くても悩んでいる人が多いものです。

目の下のたるみの主な原因は、皮膚のたるみと眼窩脂肪の突出(目袋)です。改善するには、余った皮膚を切除する「下眼瞼形成術」や「ミッドフェイスリフト」、突出した眼窩脂肪を取り除く「下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)」などが一般的におこなわれています。

しかし、下眼瞼形成術やミッドフェイスリフトは皮膚を切り取る手術であり、ダウンタイムが長いため敬遠されがちです。そのため、比較的ダウンタイムの少ない下眼瞼脱脂術(経結膜脱脂術)などが多くおこなわれる傾向にあります。
目の下のくぼみ・凹みの改善には、ヒアルロン酸などの「注入系治療」が一般的におこなわれています。加齢にともない頬の脂肪はたるんで下へ移動しますので、お顔上部のボリュームはなくなりがちです。そのため、目の下のくぼみやクマが目立ちやすくなります。また、眼窩脂肪の突出との高低差が広がり余計にたるんで見えがちです。こうした部分には注入系治療でボリュームを増やすことができます。

しかしながら、目元がたるんでいる方は、目元だけでなくお顔全体がたるんでいる場合が多いものです。そのため、当院では目元にだけ注目するのではなく、お顔全体を同時に改善できる施術「スプリングスレッド」をお勧めしております。そして、必要に応じて、少量の下眼瞼脱脂、少量のヒアルロン酸注入などを組み合わせて行うことをお勧めしています。


下眼瞼形成術

下眼瞼形成術では、余った皮膚の切除、ゆるんだ眼輪筋の処理、突出した眼窩脂肪の処理などを行います。

下まぶたの皮膚側を切り取る手術に共通する切開線
下眼瞼形成術は、たるんだ皮膚を剥離して引き上げる手術ですが、眼輪筋の上で剥離する「皮弁法」と眼輪筋の下で剥離する「筋皮弁法」とがあります。筋皮弁法の方が眼窩脂肪などの処理が行いやすく一般的といえるでしょう。

また、下眼瞼形成術には「ハムラ法」という方法もあります。これは、筋皮弁法で剥離し、突出している眼窩脂肪を全体的に引き伸ばして平坦にし、眼窩下縁骨膜に縫合するという方法です。

ミッドフェイスリフト

ミッドフェイスリフトは、加齢によって下へ移動してしまった中顔面(ミッドフェイス)のボリュームを引き上げる手術です。目元だけでなく、頬のたるみ、ほうれい線などの改善も目的としています。
加齢にともなう中顔面(ミッドフェイス)のボリュームの移動


ミッドフェイスリフト
下眼瞼形成術と同様の切開から行うことが多い。

ミッドフェイスリフト(ケーブルスーチャー法)

下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

下眼瞼脱脂は、結膜側(まぶたの内側)を小さく切開して、突出した眼窩脂肪を取り除く手術です。眼窩脂肪を取り過ぎると、目の下がくぼんでしまったり、貧相な印象を与えがちですので、取り除く量に注意が必要です。


注入治療(ヒアルロン酸など)

目の下のくぼみ・凹んでいる部分にヒアルロン酸などを注射してボリュームを増やし、凹凸を目立たなくする治療です。一般的に、ヒアルロン酸やPRPが用いられることが多く、「注入するだけ」という気軽なイメージからプチ整形とも呼ばれています。特にヒアルロン酸は水分保持力が強く、ハリと瑞々しさをもたらすため、人気の高い施術となっています。

【Dr.境のコメント】
気軽なイメージが強く人気の高い注入治療ですが、実は、欠点もあります。液体を注入するわけですから、凹んでいる部分にボリュームを充填することができますが、その分、重みも加わることになります。その重みによって、注入部より下はかえってたるみがちになります