診療内容一覧

 

まぶたのくぼみ

まぶたのくぼみは、眼窩脂肪の後退が原因となっています。 加齢などによって眼窩内の脂肪が後退すると、元々脂肪があった場所はくぼんでしまいます。

眼窩脂肪の後退※黄色の部分が眼窩脂肪

眼窩脂肪の後退

 

眼瞼下垂に起因するくぼみの場合は、挙筋の後退に伴って、眼窩脂肪も後退することによって生じています。そのため、改善するには、眼瞼下垂の手術である挙筋前転法が効果的です。挙筋と眼窩脂肪は、細かい繊維組織でつながっているため、挙筋前転法で挙筋を前方に引き出すと、脂肪も一緒に引き出されます。そのため、くぼみが緩和される傾向にあります。

 

挙筋前転法

挙筋前転法

 

軽度のくぼみの場合は、眉下切開によって改善することが可能です。しかしながら、眉下切開でまぶたのくぼみが改善されるという事実は意外と知られていません。その理由は、手術前のシミュレーション(指でまぶたを引き上げる)では、くぼみがかえって強調されて見えるということにあるようです。シミュレーションでは、皮膚と皮下組織が共に持ち上げられて軟部組織が減ってしまうため、まぶたのくぼみが強調されて見えがちです。

しかしながら、実際の眉下切開の手術では、まぶたの皮膚が上に引き伸ばされてテンティング(テント状に張る)するため、くぼみが改善される傾向にあります。また、皮下組織をあまり切除しなければ、単位面積あたりの皮下組織・軟部組織はかえって増えることになりますので、くぼみの改善により効果的と言えるのです。

 

シミュレーションと実際の眉下切開

シミュレーションと実際の眉下切開

 

このように、実際は、眉下切開はまぶたの軽度のくぼみに大変効果的と言えますが、前述しましたように、こうした事実はあまり知られていません。それも無理ないことでしょう。シミュレーションではくぼみが強調されて見えるわけですし、手術前に何度もシミュレーションしますから、強調されたくぼみが脳裏に焼き付いてしまうのでしょう。そのため、一般の方や眉下切開に精通していない医師の場合ですと、眉下切開=くぼみが増すと思い込んでしまうようです。

まぶたのくぼみが強度の場合、最終的にはヒアルロン酸などの注入療法が必要となる場合もあるようです。しかしながら、はじめからヒアルロン酸などの注入療法に頼ることはお勧めできません。ヒアルロン酸などを注入すると、まぶたがむくんで腫れたようになったり、目を閉じると異様にふくらんだり、また、目を開けた状態であっても不自然にふくらんで凸凹してしまったりすることが多いと言われています。

 

まぶたのくぼみにヒアルロン酸などを注入した場合

まぶたのくぼみにヒアルロン酸などを注入した場合

 

また、脂肪注入や幹細胞注入などは、ヒアルロン酸注入よりも凸凹が強く生じるケースが多く、また、成長因子FGF入りのPRP(血小板)療法は、結果のばらつきが激しいため、ヒアルロン酸注入よりもお勧めできません。

さらに、注入療法で用いるヒアルロン酸などは、それ自体に重さがありますので、注入すると重さを加わり、まぶたに負荷がかかりますので、眼瞼下垂の症状は確実に悪化します。また、眼瞼下垂でない方であっても、まぶたの開きは確実に悪くなります。実際に、「まぶたのくぼみにヒアルロン酸を注入したら、まぶたが重く感じるようになった」という相談もあります。

ヒアルロン酸などの注入療法を検討している場合は、先に、眉下切開や眼瞼下垂の手術をおこなって、まぶたの開きを良くしておくと良いでしょう。その方が自然で美しく仕上がると言えるでしょう。

 

まぶたの重さ

まぶたの重さには自覚症状と他覚所見とがあります。 自覚症状とは、「まぶたが重く感じられる、重くて疲れる」など、ご自身でしか分からない感覚的な症状を指します。一方、他覚所見とは、見た目の重たさ・重たい印象といった、他人が客観的に捉えることができる症状を指します。

自覚症状の改善

自覚症状とは他覚所見とは異なり、目に見えませんし測ることもできません。他人には一切分からないものですので、眉下切開で改善されるかどうかについては、一番約束しづらいものです。しかしながら、わたくしが8年間、多くの方に眉下切開をおこなってきたその経験から、9割以上の自覚症状・まぶたの重みが眉下切開によって改善される傾向にあると感じております。

実際に患者さんご本人から「眉下切開を受けて、まぶたの重みが改善された」というお話をたくさんうかがっております。また、それだけでなく、頭重感、頭痛、肩こり、首のこりといった様々な症状が改善されたというお話もあり、中には、頭痛や肩こりに悩まされ、勤務先を早期退職していた方が、眉下切開を受けてラクになり、再就職したという話もあります。

自覚症状の改善

 

まぶたになんらかの手術を受けたことがない方であれば、眉下切開によって自覚症状・まぶたの重みが改善されると思われますし、手術経験がある方でも、よほど変なところが癒着していなければ、改善される傾向にあると思います。

こうしたことは、シミュレーションするとよく分かります。眉毛を指で持ち上げるとラクに感じられる方は、眉下切開が効果的といえるでしょう。

 

他覚所見の改善

見た目の重たさ・重たい印象といった他覚所見の改善についても同様です。過去にまぶたになんらかの手術を受けていない方でしたら、ほとんどの場合、眉下切開によって改善される傾向にあります。 しかしながら、例えば、まつ毛側で切開するような手術を受けている方ですと、まつ毛付近に本来あるべきはずの薄くしなやかな皮膚が切り取られ過ぎていて、通常ですと薄い皮膚で形成されるはずの二重が、分厚い皮膚が折り曲げられることによって形成されているため、二重の部分までが重く見えることが多いです。このような場合は、眉下切開ではなかなか改善が難しいといえそうです。

 

前額リフトやブローリフトなど

また、自覚症状、他覚所見どちらにも言えることなのですが、まぶたの重みを改善するために、前額リフトやブローリフト(眉上切開)、ひたいに糸を通す施術を行うのは、はっきりいって間違いといえるでしょう。

これらの施術は、まぶたから遠く離れた部位からアプローチする方法ですので、まぶたへの作用は非常にマイルドです。やはり、眉下切開のようにまぶたに直接アプローチする方法の方が確かな効果を得られるといえるでしょう。

また、これらの施術には決定的な欠点があります。前額リフトやひたいに糸を通す施術の場合、頭やひたいに痛みやしびれ、痒みなどが残りやすく、ブローリフト(眉上切開)では、非常に目立つ傷跡が残ることが多いです。

 

ブローリフトの傷跡

ブローリフトの傷跡