六本木境クリニック院長による、まぶたのたるみ治療に関連するブログです。加齢によって上まぶたがたるんでくると、目元が以前よりも小さく見えてしまうことがあります。当院では眉下切開という、眉下の余った皮膚を切除することで上まぶたのたるみを改善する治療を行っています。一般的には「毛包斜切断法」を用いることで、傷跡の見えにくい眉下切開を行っております。